いかのおすし

よいこのやくそく、いかのおすしです。

台湾に行くとお金が貰える!?キャンペーンがやっている(23.6台湾旅行記①)

・この記事では、23年6月台湾旅行の記録のうち、0日目の内容をまとめました

・主な内容:ピーチに乗る、台湾に行くと5000TWD貰えるキャンペーン実施中、バスの洗礼を受ける。

 

タイから帰国して*1その日の午後から労働を開始した私だが、その週の労働はタイに行った余韻と次の週末の予定で頭がいっぱいで何も仕事に手がつかなかったのを覚えている。

 

金曜日は定時に退社、自宅で身支度を整えると名鉄特急に乗りこんだ。

 

常滑を発車するとビックサンセットが流れ始める。星空のもと列車はミュージックホーンを鳴らして空港連絡橋を渡る。なんだかんだ空港に行くと旅情を感じて気分が高揚する。
f:id:serialNo_20001:20240216085837j:image

*1:タイ編はこちら

 

serialtrafy.hatenablog.com

続きを読む

地元スーパーで買い物&夜の街ナナを体験して帰国(23.6タイ旅行記⑤)△

 

・この記事では、23年6月の旅行の記録のうち、2日目午後の内容をまとめました

・主な内容:BTS撮影、ローカルスーパーで南国フルーツを買う、バンコク京急蒲田を見る、またまたショッピングモール散策、夜の街ナナ、帰国する

 

serialtrafy.hatenablog.com

 

ショッピングを終えてサパーンタクシン駅に戻ってきたらタッチの差でナショナルスタジアム行きが発車していった。それ乗りたかった…

f:id:serialNo_20001:20240214085233j:image

続きを読む

澄み切った青空の下で大都会バンコクを満喫する日(23.6タイ旅行記④)

・この記事では、23年6月の旅行の記録のうち、2日目午前の内容をまとめました

・主な内容:BTS撮り鉄、屋台街で朝食、BRTを見る、マハナコンタワーの展望台でタイを一望、フードコートで昼飯

 

前回

serialtrafy.hatenablog.com

 

タイ・バンコク2日目。

今日はBTSを少し撮影

MRTは明確に撮影禁止とされているが、BTSは特に案内がないし、撮影してても警備員にも何も言われない。

f:id:serialNo_20001:20230923233551j:image

続きを読む

不思議なキラキラ寺院に参拝&ショッピングモールでお値打ちごはん(23.6タイ旅行記③)

・この記事では、23年6月の旅行の記録のうち、1日目午後の内容をまとめました

・主な内容:ワットアルンを拝観する、トムヤンクンという名の催涙弾の攻撃に遭う、懲りずにタクシーに乗る、キラキラ寺院で仏教の宇宙観に浸る、シッピングモールを徘徊する、フードコートの使い方、タイ料理でおなかいっぱいになる、泊まった宿が出会い系喫茶の真上だった…

 

 

 

前回はワットアルンに着いたところまで書きましたね

serialtrafy.hatenablog.com

他にやること・やりたいことがあってブログの更新を溜め込んでいましたが、忘れずに続けていきたい。

 

 

ワットアルンで入場料を払うと、オリジナルラベルの水がもらえる。普通に暑いので助かる。

f:id:serialNo_20001:20230923230013j:image

ワットアルン

f:id:serialNo_20001:20230923230016j:image

続きを読む

バンコクの有名寺院巡りとボッタクリ洗礼(23.6タイ旅行記②)

・この記事では、23年6月の旅行の記録のうち、1日目午前の内容をまとめました

・主な内容:パッタイを食べる、路上で物を買わされる、寝そべり大仏を見る、怪しいトゥクトゥクに乗る、王宮を見る、ココナッツうまい、公共交通擬態のボッタクリ観光船を見る

 

前回

serialtrafy.hatenablog.com

 

建物の中は冷房が効いているのでまったく暑さを感じないが、外に出ると東南アジアを実感する湿気と気温が出迎えてくる。

f:id:serialNo_20001:20230903200123j:image

湿気でメガネが曇るのは東南アジアあるあるだ。
f:id:serialNo_20001:20230903200126j:image

今日の天気は曇りということになっているがいつ雨が降ってもおかしくない予報だった。降られないことを願うばかり。
f:id:serialNo_20001:20230903200130j:image

朝食を取りたいが、朝早くてこの辺の店はまだ開いていなかった。
f:id:serialNo_20001:20230903200133j:image

バンコクは高層ビルが立ち並ぶ近代的な都市だ。
f:id:serialNo_20001:20230903200137j:image

通行する車両で東南アジアみを感じる。
f:id:serialNo_20001:20230903200140j:image

地下鉄に乗車する。
f:id:serialNo_20001:20230903200143j:image

 

バンコクの地下鉄MRT
一応明確に撮影禁止とされているので撮影は控える。
クアラルンプールと同じく小さいコインが乗車券になってタッチするタイプだが、
買ってから気づいた。改札でVisaタッチ使えるんかい!
ここ、ルンピニ駅は上下二層構造の駅。Please stand behind yellow lineって放送流れるが、フルスクリーンホームドアになっててyellow lineが存在しない。

 

Sanam Chai駅で下車。
f:id:serialNo_20001:20230903200146j:image

 

道が広い。
f:id:serialNo_20001:20230903200149j:image

警察署
f:id:serialNo_20001:20230903200153j:image

 

空から分厚い雲は消えて、青空が見えている。
f:id:serialNo_20001:20230903200156j:image

よさげなカフェを見つけて入店。パッタイをいただく。
f:id:serialNo_20001:20230903200159j:image

しょっぱいのと甘いのが混じっている味付けで、ふにふに麺とエビがおいしい。卓上調味料は辛いやつと甘いやつが置いてある。入れない方が好みかな。

 

飯を終わらせて道を歩いていると、何やら売り付けようとする婆様2名が寄ってくる。こういうのは大概相手にしないに限る。ぼったくりの安物をつかまされるだけだ。

先に1人がゾウの小物を3つで100バーツ(約400円)だという。ずっと断っていると、金ピカでいいでしょだの、ゾウは開閉できて中になんか入れれるだの言ってきて、じゃあ4つで100バーツだとされた。

よくよく考えたら、ばら撒き土産にちょうどいい見た目で1個100円なら悪くない値段な気がしたので購入した。

その様子を見ていたもう1人は帽子を1個200バーツ(約800円)だという。

今回の旅行では、南国の強い日差しに備えて現地で帽子を買う予定だった。

けども、ここで買っても高くつくと思っていたので断っていたら150バーツでいいという。約600円。買ってもいいような気はするが別にここで買わないでもいいだろうと思って断り続けたら100バーツ!と言われる。帽子400円なら別に買ってもいいか。

結果
f:id:serialNo_20001:20230903200203j:image

この帽子、後程土産物店で150バーツで売っているのを見かけたので、悪くない買い物だったと思う。ゾウの小物もあと3つくらいくれと言えばよかったな。うまく値切り交渉をすればそんなに悪くない(良いとは言えない)買い物ができることを学んだ。

 

 

さて、タイ・バンコク観光で1箇所目に訪れた場所はこちら。ワットポー。
f:id:serialNo_20001:20230903200207j:image

 

巨大寝そべり大仏がいます。
f:id:serialNo_20001:20230903200210j:image

足もでかい。
f:id:serialNo_20001:20230903200214j:image

1カップに20バーツ分の小銭が入っているやつ
f:id:serialNo_20001:20230903200218j:image

よくわからないけど、みんながやっているのを真似て、大量に並んでいる器に少しずつ小銭を入れて進む。
f:id:serialNo_20001:20230903200221j:image

まあたぶん小銭を入れることでたくさんお経を詠んだのと同じだけの効果があるとか、そういう類の儀式なのかな?

 


f:id:serialNo_20001:20230903200225j:image

 

敷地から出たところでオッチャンに声をかけられる。トゥクトゥクに乗って観光しないか?

地図を渡され、ここに行く、ここに行く、と丸を付けながら解説をされ、全部行って100バーツ!(約400円)だという。

ははーん、最後にタイシルクの店に行くと言ったのでそこでぼったくり商品を買わせる気なんだな、完全に理解した。

 

乗った。
f:id:serialNo_20001:20230903200228j:image

ちょっと怖かったけど、何事も挑戦だ。

ぼったくりだけ最大限に警戒しよう。

 

暑いバンコクでもバイクに乗っていると涼しかった。
f:id:serialNo_20001:20230903200232j:image

いろいろな色の車がいてにぎやか。
f:id:serialNo_20001:20230903200239j:image

 

1箇所目はワットシターラームというお寺さん?に着く。これ本当にお寺か?
f:id:serialNo_20001:20230903200242j:image

これは太ったブッダだと解説された。
f:id:serialNo_20001:20230903200246j:image

 

大仏が大量に並んでいる。
f:id:serialNo_20001:20230903200250j:image

寝そべり大仏の下位互換みたいなやつもいる。
f:id:serialNo_20001:20230903200253j:image

これ本当にお寺か?(2回目)
f:id:serialNo_20001:20230903200256j:image

太り大仏は何体かいる。
f:id:serialNo_20001:20230903200300j:image

ま、なんかよくわからないけど、穴場観光スポットなのかな?ってことにしておくか。
f:id:serialNo_20001:20230903200303j:image

 

次の場所へ向かう。
f:id:serialNo_20001:20230903200307j:image

バイクが縦横無尽に走っている。
f:id:serialNo_20001:20230903200310j:image

道路の真ん中には王様の肖像画が並んでいる。
f:id:serialNo_20001:20230903200313j:image

すごい車の量
f:id:serialNo_20001:20230903200316j:image


f:id:serialNo_20001:20230903200319j:image

バイクも多い
f:id:serialNo_20001:20230903200323j:image

2つ目のスポットはここ。

地元の人しか行かなそうな寺
ワットパリナヨークというらしい。
f:id:serialNo_20001:20230903200326j:image

建物の入口は開いていない様子だった。

現地の人と思わしきおっちゃんがいたので開いていないですねえと声をかけてみると、いつもは開いてるのにおかしいな?とのこと。

気さくなおっちゃんはその後も英語で、どこから来たの?だとかそんなような雑談をしてくれた。

トゥクトゥクでいろんなところ回ってくれてるんだという話で、最初にもらった地図を見せると、寺院はどこもいいところらしいが、タイシルクの店は、スーツを売っている店だから物はいいけど高いし地元の人がまれにいく程度で観光に行くようなところじゃないよというようなことを言われた。

あ、でも地元の人も行くことには行くんだ、怪しいところではなさそうだなと少し安心。

 

おっちゃんとサヨナラして、トゥクトゥクはタイシルクのスーツ店へ。

店に着くと中に案内され、オーダーメイドスーツを作らないか?とカタログを見せられる。

想定の範囲内。万が一の時に逃げ出す経路を確認しつつ、スーツ家にあるしちょっと高すぎるよ〜と断り帰ろうとするも、何か買ってもらわないと困りますと、カッターシャツやネクタイなんかでもいいから買ってと押される。どうにも困ってしまったが、ネクタイならお世話になっている人への贈り物にも転用(オイ!)できるのでまあこれで手打ちにするか…と、できる限り値切ってネクタイを2本で1200バーツで購入することにした。

その後もあれを買わないかこれを買わないかと色々勧められるが、ここでブレてはいけない。私は気が弱いので注意しないと勧められたものを買わないといけないような気がしてきてしまう。

クレジットカードの機械に入力された請求額が間違いないことをよく確認して支払いを済ませ、逃げるように店を出る。

 

トゥクトゥクの運転手に、なんだスーツは買わなかったのかみたいなことを言われる。

 

そして、王宮の前で降ろされてトゥクトゥクツアーは終了!

…あれ?もう2箇所ほど回るところがあったはずだが…

残念なことに乗車前に行き先を記載してもらった地図は途中で飛ばされて紛失したので確認のしようがない。

スーツを買わなかったからサービスが悪くなったのだろうか…

 

まあトゥクトゥク代100バーツとネクタイ代1200バーツで合わせても、まあちょい高い気がする程度の値段でトゥクトゥク観光とお土産ができたと考えれば悪くないのではないか、そう思うことにした。

 

というわけで、王宮に入ろう。
f:id:serialNo_20001:20230903200329j:image

入口には憲兵さんがいて、オタク旅行特有の大荷物で入ろうとすると荷物検査があり、荷物をすべて開けて確認される。服装指定も厳しめ。
f:id:serialNo_20001:20230903200333j:image

おしゃれな建物やなあ
f:id:serialNo_20001:20230903200336j:image

広すぎる
f:id:serialNo_20001:20230903200340j:image

写真は撮っていないが、博物館もあって見応えは抜群
f:id:serialNo_20001:20230903200343j:image

でかい
f:id:serialNo_20001:20230903200346j:image


撮影禁止箇所もちょくちょくあるので注意
f:id:serialNo_20001:20230903200350j:imagef:id:serialNo_20001:20230903200354j:image

なんか修繕してる
f:id:serialNo_20001:20230903200357j:image

ちなみに、王宮ではトイレやペットボトル水の販売もあるので覚えておくといいかも
f:id:serialNo_20001:20230903200400j:image
f:id:serialNo_20001:20230903200403j:image

 

 

 

王宮を後にして街を歩く。

f:id:serialNo_20001:20230903200748j:image

トゥクトゥクに声を掛けられるが、さっき乗ったのでもういい。
f:id:serialNo_20001:20230903200752j:image

 

この付近の三大観光スポットのうちワットポー、王宮に行ったので、3つめのワットアルンに向かう。

対岸にあるのだが、Googleマップの検索結果にも出るようにこの辺りは水上交通もあり、電車のような感覚で船に乗れる。
f:id:serialNo_20001:20230903200626p:image

港への途中でココナッツを買う。40バーツと書いてあるが値引きされてバーツ。日本でこれだけのココナッツジュースを買うと400円は下らないから相当安くていいね。
f:id:serialNo_20001:20230903200634j:image

店のおばちゃんが豪快にナタで切れ込みを入れる様子は見応えがある。
f:id:serialNo_20001:20230903200638j:image

こんな感じで土産物屋が並んでいる。
f:id:serialNo_20001:20230903200641j:image

船着場でチケットを買う。
f:id:serialNo_20001:20230903200644j:image

罠があった。

きっぷ売り場らしきところに近寄ると、水上マーケットやワットアルンなどを回ってここに帰ってくる観光船があるぞと勧められる。いや、ワットアルンに行くだけだで片道でいいと言うと、片道なら1000バーツだなどと言われる。

そんなわけねーだろ!!と思い、一旦外に出て建物の様子を窺う。
f:id:serialNo_20001:20230903200647j:image

駅名標みたいなのがある。こっちが路線バスのような船に乗れるエリアで、さっきのほうは観光バスのような船に乗れるエリアだな。全然きっぷ売り場には見えないようなカウンターで係員がきっぷを売っている。
f:id:serialNo_20001:20230903200650j:image

30バーツ。さっきの観光船に乗ってたら超ぼったくりされるところだった…

東南アジアはことあるごとにボッタクリに遭いそうになるから気を付けよう
f:id:serialNo_20001:20230903200654j:image

船は各停・急行などの種別があり、色違いの旗を立てている。本当に電車みたいだ。
f:id:serialNo_20001:20230903200657j:image

ワットアルンへはどれに乗っても行けそうだ。(方向を間違えなければ)
f:id:serialNo_20001:20230903200700j:image

乗る
f:id:serialNo_20001:20230903200703j:image

乗ったらすぐ検札がきて、入鋏(?)をされた。
f:id:serialNo_20001:20230903200706j:image

桜島フェリーみたいな温度感。
f:id:serialNo_20001:20230903200710j:image

ワットアルンの船着場に到着。船と船着場は当然のように段差がある。漁船に乗り降りする感覚なのでバリアフリーもクソもない。
f:id:serialNo_20001:20230903200713j:image

 

続く

serialtrafy.hatenablog.com

 

 

○記事内で紹介した飲食

maps.app.goo.gl

 

○記事内で紹介したオヤド

maps.app.goo.gl

 

○記事内で紹介した観光地

maps.app.goo.gl

maps.app.goo.gl

maps.app.goo.gl

maps.app.goo.gl

maps.app.goo.gl

maps.app.goo.gl

 

◯この記事の移動情報

1.

MRT
[ Lak Song ]
Lumphini→Sanam Chai
 

 

2.


[BlueFlag|BTS Sathorn]
The Chang→Wat Arun

LCCで手軽に身軽に海外旅行(23.6タイ旅行記①)

・この記事では、23年6月の旅行の記録のうち、1日目の内容をまとめました

・主な内容:半日休暇を取って金曜昼から旅に出る、快活で着替えと休憩、南海電車にほぼ初乗車、関空第2ターミナルの話、LCCのセールを狙えば海外旅行も国内旅行より安く行ける、荷物は少なめでいいね、ピーチ搭乗記、現地空港からタクシーに乗る

 

 

 

前回、ようやくゴールデンウィーク旅行記を書き終わったところだ。

serialtrafy.hatenablog.com

それなのに、まだ書けていない旅行記がいくつも滞留しているので、ブログはしばらく続くらしい。

 

 

最近のうだるような暑さが始まる前、東海地方も梅雨入りが宣言され、日差しは暑くなり始めていた6月初旬の金曜日、出勤していた私は午後の半日休暇を取り、退勤電車の中で北海道グルメフェアに参加した。暑い日には冷たい麺を食べるといくぶん涼しい気分になれる。

f:id:serialNo_20001:20230823184318j:image

続きを読む